トップページ > キーワードで探す >緩みに強い
検索結果

ノジロック

●ノジロック
ねじ締結後のねじ弛み防止は、様々な設計現場や締結現場において、多用な苦心がなされています。


ねじの弛み防止の手段として一般的には2つの方法があります。


その1つが合成樹脂を主成分としたロック材を雄ねじまたは雌ねじにコーティングしてねじの弛みを防止するタイプ


もうひとつが、雄ねじまたは雌ねじのねじ山に工夫(変形)してねじの弛みを防止するタイプがあります。


ノジロックは、この後者に属し、低価格と環境に配慮した商品です。
特徴
1.ねじ山フランクを変形させたLine Mark(條痕)によって、ねじ締め後に軸力がかかった場合、フランク面の
 突起部が雌ねじのフランク面にLine Mark を形成し(転写)、互いの噛み合いによって緩みを防止します。
  
2.ノジロックの Line Mark は右回転のときに進行がスムーズで左回転のときはエラが張った形状のために
 緩み方向のトルクに対抗し、回転がしにくいので緩みません。
  
3.材質は低炭素銅(12〜16C)に漫炭焼入を施したものです。ねじ山の一部を変形させ、フランク面に突起部
 を設けることで、有効径が未変形部に比ぺ大きくなり雌ねじとの高い密着性を実現しました。
ノジロックLine Mark(條痕)雌ねじに形成(転写)されたLine Mark(條痕)
効果
1.大幅コスト削滅
 ノジロックはポンド加工が不要で、緩みに強く、大幅なコスト削減を実理します。繰り返し使用できます。
  
2.トラプル解消で生産性を向上
 座金組み込みねじは自動供給機の供給バイプに詰まるというトラブル要因があり、またポンド塗布ねじは
 ポンド加工の際、均一に塗布されず、ねじ先端等に厚く塗布された場合、ねじ込みにくいというトラブルの
 要因になり、生産性を悪くします。ノジロックはその様なトラブルの要因がなく、生産性を向上させます。
  
3.豊かなバリエーションで幅広く対応
 5タイプのねじ形状を揃え、極小のカメラ用ねじからポルトまで幅広く対応します。